2010年02月18日

2010年2月配信分 人形たちの物語




私は一人

ゴミの中にいるの。

目は閉じれないから

雨が入ってくる。

でも

それでいい。

涙を洗い流してくれるから。



あの娘は

私を愛してくれた。

いつも私をそばに置いてくれた。

だから、

私の手足はボロボロなの。

それでも、

お母さんに頼んで綴ってくれた。

あの娘は私を愛してくれた。



私を手放すとき

あの娘は泣いてくれた。

悲しまないで。

私の役目が終わっただけだから。



私は幸せだった。

雨が目を濡らしていく。

悲しくはない。

ただ、

あの娘のを一生を

これからも見守ってあげれないことが心残りなだけ。



あの娘は私を愛してくれた。

いつもいつも、

私をそばに置いてくれた。

悲しまないで。

私は役目を終えただけだから。




posted by DO ART !! エッセイ集 at 00:00| Comment(0) | 坂本のサルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。