2011年04月18日

2011年4月配信分 石ウサギのメッセージ




深夜、この冬に逢った雪ウサギをこっそり訪ねる。

オレンジ色のうす明るい中、

静かに眠っているように見える。

息を潜めて近寄る。

カメラの感度を上げておく。

フラッシュは焚かない。

そして1枚2枚。

音で目覚める。

ほんの少し後ずさりしたような気がする。

しばらくして穏やかな表情を見せてくれる。

綺麗な花に囲まれた柔らかな場所。

久しぶりの再会。

懐かしい顔。

それはただ、遠い昔の

自分の心を投影してるだけかも知れない。

ウサギは一言楽しそうに話してくれた。

いまは、自分の分身がロビーに居るから

よりたくさんの笑顔が見れるよと。

ただ、ロビーのウサギは照れ屋で、

近寄る人には心を閉じるらしい。

翌朝、探す。

居た。

近寄ると表情が一変。

シャッターを切っても正面写真が撮れない。

これには一瞬驚いた。

2匹のウサギに見透かされたような気がする。

その瞬間、もう一度自分を見直すことを教えられた。

広いロビー。

答えはこんな姿をしてるのかもしれない。

言葉ではなく、

感じてみなさいと・・・。



posted by DO ART !! エッセイ集 at 00:00| Comment(0) | 坂本のサルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。