2012年02月18日

2012年2月配信分 ツツジにご馳走




三寒四温の季節。

穏やかな休日に、

昨年植えてもらったツツジのケアに庭師さん登場。

天神山松風庵庭先。

いまから約3ヶ月後、ツツジは花を咲かせる。

そのためにツツジにご馳走のプレゼント。

肥料。

ホームセンターにはない種類が混じる。

朝からせっせと面倒見て下さっている。

私も2月に入って初めての休日。

久しぶりに天神山の木々と顔合わせしていく。

ところどころで鹿に対しての苦情を聞く。

玉竜は可哀相に食べ散らかされている。

みんなビクビクしている。

それを「まあまあ」となだめながら山を歩く。



庭師さんが休憩のとき、ヤマガラが近寄ってきて様子伺い。

ヤマガラはスズメくらいの大きさで、胸の辺りがオレンジの美しい鳥である。

そういえば、

朝からヒヨドリのピーちゃんは騒がしいし、

キジバト夫婦も落ち着きがない。

みんなの代表で様子伺いなのか?



ツツジの丘の隣、

白梅が蕾をほころばせる。

そして

馬酔木も。

次に控える紅白の沈丁花に紅梅。

庭師さんにご馳走もらったツツジへと続く。

ただひとつ心配事。

みんな鹿に花芽を食べられないように・・・




posted by DO ART !! エッセイ集 at 00:00| Comment(0) | 坂本のサルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。