2014年08月18日

2014年8月配信分 小綬鶏(コジュケイ)の誘い



久しぶりに、

昔よく聞いたCDを引っ張りだしてみる。

「Heart Cocktail」(6枚組)

1、2枚目を松岡直也

3枚目をトニーズショー

4枚目を島健

5、6枚目を三枝成章

が担当する。

わたせせいぞうのお洒落なストーリーと絵。


20年前、

たった4〜6頁の短いストーリーに釘付けになった。

絵はもちろん、

内容も文章も、全てにおいて魅せられた。

いまの僕の文章の書き方は、

どこか似ているかもしれない。

「盗作」

と言われたなら逆に本望なくらいだ。

冗談はさておき、

「お洒落」

と言うことをこの作品に教えてもらった。

一言で言えば、

「身の周りをブランドで着飾ることではなく、
自分の感覚のフィルターを着飾る。」

つまり、

相手への感じさせ方、

そして、

自分の感じとり方。

これらの一連の感覚遊びを

「お洒落」

と言うのだと。


そんなことを考えながら車を走らせる。

雨の日には島氏や三枝氏の、

晴れた日には松岡氏やトニーズショーがよく似合う。


今日は雨。

その瞬間を楽しむ。

中国道。

普段入らないPAに寄る。

珈琲タイム。

小雨の中、

「ちょっと来い、ちょっと来い」

の鳥の鳴き声。

道理で普段入らない赤松PAに寄るわけだ。

小雨の中の小綬鶏(コジュケイ)の誘い。




小綬鶏:

キジ類でキジやヤマドリより尾が短く、ウズラよりちょっと大きい。

「ピッピュクァイ!ピッピュクァイ!」

の鳴き声が

「ちょっと来い!ちょっと来い!」

と聞こえる。



posted by DO ART !! エッセイ集 at 00:00| Comment(0) | 坂本のサルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。